認定制度規則

大分県糖尿病療養指導士認定制度規則
第1章 総 則
第1条
大分県における糖尿病患者の健康と福祉の向上および糖尿病発症予防のため、糖尿病療養指導についての正しい知識と技術を持ち、チーム医療としての糖尿病診療および糖尿病予防のための啓発活動に貢献できる医療スタッフの養成および認定を目的とする。
第2条
前述の目的を達成するため、大分県糖尿病療養指導士認定制度を設定し、本制度の維持・運営のために、大分県糖尿病療養指導士認定委員会(以下認定委員会と略す)を設置する。本会は中央認定委員会と認定委員会より成る。
第3条
本会の事務局は大分県に置く。
第2章 中央認定委員会
第4条
中央認定委員会は会長、副会長、各委員会長、各委員会副会長、会計、事務局によって構成される。中央認定委員会は互選により、会長1名、副会長3名、会計1名を選出する。監査は1名を日本糖尿病協会大分県支部長とし、顧問より1名を選出する。
第5条
中央認定委員会は必要に応じ、会長が招集する。
第6条
中央認定委員会は大分県糖尿病療養指導士認定制度にかかわる全ての事項を決議する。
第7条
中央認定委員の任期は3年とするが、再任は妨げない。委員が辞任する時は、その旨を会長に届け出なければならない。ただし、補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。
第3章 認定委員会
第8条
認定委員は中央認定委員に加えて、中央認定委員会が推薦した大分県糖尿病臨床医、大分県糖尿病療養指導士、そのほか糖尿病専門各職種によって構成される。
第9条
認定委員会には資格認定委員会、研修委員会、試験委員会、広報委員会を設け、各委員会の委員長には、中央認定委員が就任する。
第10条
認定委員の任期は3年とするが、再任を妨げない。委員が辞任しようとする時は、その旨を会長に届け出なければならない。ただし、補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。
第11条
認定委員会は、認定制度に関わる制度を各委員会の目的ごとに企画立案し、推進を図る。
第4章 認定研修会の受講
第12条
認定研修会の受講を希望するものは、次の各項の条件を全て満足することを要する。
1.看護師(准看護師も含む)、栄養士、薬剤師、保健師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士など、医療従事者としての経験3年以上
2.糖尿病療養支援の経験1年以上
3.大分県糖尿病協会会員であること(受講時までに入会していること)
4.過去3年間に実施された糖尿病関連講演会等の参加取得単位が10単位以上
5.施設の推薦が得られ、受講から認定までの期間において所属施設が変更になった場合においても、すみやかに現所属施設長の推薦状を提出できること
6.研修の全日程に参加できること
 第13条
認定研修会の受講を希望する者は、認定委員会が指定した以下の申請書類を認定委員会に提出するものとする。
1.研修申込書
2.履歴書
3.免許証(複写)
4.施設長(病院長)および大分県糖尿病臨床医会医師の推薦書
第14条
研修会受講料は15,000円とする。
第15条
受講希望者が定員を超えた場合は、資格認定委員会における審議の上、最終的な受講者を決定する。
第5章 大分県糖尿病療養指導士認定試験
第16条
全研修日程が終了したのち、認定試験を実施する。受験資格は、原則として研修会の全プログラムを修了していることとする。
第17条
認定試験は筆記試験および面接試験とし、試験要項は別途定める。
第18条
認定研修会の全受講後、未受験あるいは不合格の場合の受験資格は、原則として次年度、次々年度の2年間とする。この場合再受講を必要としない。
第19条
認定試験の受験料は3,000円とする。
第6章 大分県糖尿病療養指導士の資格認定
第20条
資格認定委員会は認定試験の合格者に対して認定証を交付する。
第21条
資格認定料は5,000円とする。
第7章 大分県糖尿病療養指導士会への入会
第22条
認定を受けた者はすみやかに大分県糖尿病療養指導士会(略称、大分LCDE)に入会するものとし、入会後は同会の規則に従うものとする。
第8章 大分県糖尿病療養指導士認定の更新
第23条
認定は5年毎に更新する。
第24条
認定の更新に際しては以下の条件を満足する必要がある。
1.糖尿病関連講演会等の参加取得単位が25単位以上
2.糖尿病協会関連行事への参加3回以上
第25条
認定更新に必要な書類は別紙様式1、2、3、4とする。様式3に添付する研修単位証明書および協会・地域活動証明書は現物(日本糖尿病療養指導士の認定更新に関わるもののみ複写可)を添付することとし、返却はしない。
第26条
認定更新手数料は3,000円とする。
第27条
更新申請が期日までにない場合は更新をしないとみなし、大分県糖尿病療養指導士会を退会とする。
第28条
出産・海外ボランティア・転勤・長期出張・介護などで更新が不可能な場合、その理由を証明する書類の提出を認定委員会に提出することにより、認定期間の延長を申請することができる。ただし、延長期間は2年までとする。
第9章 他県で取得した地域糖尿病療養指導士資格の転入
第29条
現在、大分県内に居住・勤務し、大分県外の地域糖尿病療養指導士資格を既に有する者は認定委員会に大分県糖尿病療養指導士の認定を申請し、認定委員会の審査で有効と認められれば、認定を受けることができる。
第30条
申請書類として前地域の認定証(複写)および第13条の2、3、4を提出する。
第10章 補則
第31条
この規則は平成11年2月1日から施行する。
第32条
この規則施行についての細則は、別に定める。
平成22年1月 改定
平成25年5月 改定
平成26年11月  改定
平成27年12月 改定
平成28年12月 改定
平成29年12月 改定
大分県糖尿病療養指導士認定制度規則施行細則
第1条
認定研修会の未受講の取り扱い

  • 研修期間中の未受講は、受講できなかった理由を文書とし、ハガキ、FAXなどで事務局宛にすみやかに提出する。
  • 未受講分の再受講は、原則として次年度、次々年度の2年間のみ受け付ける。
  • 再受講に関しては、再受講希望日の1週間前までに申請し、未受講の場合も本人の希望による場合も1日2,500円を徴収する(希望による場合は実習日を対象から除く)。

第2条

認定更新の延期

  • 更新時に規定単位を取得していない場合は5単位以内の不足に限って、6ヶ月の間に不足単位を取得し、認定更新の延期することができる。ただし、その間は認定書を発行しない。不足分単位は、申請様式2-1,3-1にて再提出とする。再提出した研修単位は、次回更新時には使えない。
第3条
他県で取得した地域糖尿病療養指導士資格の転入

  • 他県で取得した糖尿病療養指導士資格の転入の際は、前地域の認定期間での活動報告を大分県糖尿病療養指導士の認定取得のために使うことができる。
  • 活動状況は資格認定委員会で審議する。
  • 前地域の認定期間が終了している場合は再度、新たに大分県糖尿病療養指導士を取り直すこととする。
認定制度規則 はコメントを受け付けていません。

コメントは停止中です。